加齢肌の改善法 > 加齢肌の改善法(肝斑の場合)

加齢肌の改善法(肝斑の場合)

加齢が直接の原因だとされる加齢肌の症状のひとつとして「肝斑(かんぱん)」があります。
肝斑は、紫外線などはとくに関係なく発症するといわれているシミの一種ですが、30代以降の方々の多くに見られる症状です。
頬骨のあたりや口元などに、左右対称に現れるもわっとした感じのシミですので、なんとなく見分けがつくのではないでしょうか。
この肝斑ですが、最近はコマーシャルなどでもよく見かけるように、薬で消すことが出来るシミです。
肝斑についてのコマーシャルを展開している第一三共ヘルスケアという会社が発売している「トランシーノ」という、のみ薬が効果的のようです。
トランシーノは、一般的な美白化粧品などのように、肌に直接つけるものではなく、服用するものです。
肝斑は、紫外線によってできてしまうシミとは異なり、美容外科のレーザー治療などでは、悪化するといわれています。
ですから、今のところは、このような飲み薬で体内から改善してゆくのがもっとも近道であると思われます。
実際、このトランシーノという内服薬は、充分な効果がるということで認められていますから、試してみる価値はあるのではないかと思います。
ただし、肝斑は、一度改善されても、再度、発症する可能性もあるそうです。
また、不思議なことに60代以降になると消えてしまう場合も多々あるようです。
しかし、症状の大きさによっては、それまで待つわけにもいかないでしょう。
飲み薬で改善されるのであれば、やはり試してみるのが最善策だと思います。
加齢肌の症状がひとつなくなるだけでも、見た目の老け感が、かなり解消されますよ。