加齢肌の改善法 > 加齢肌の改善法(乾燥肌の場合)

加齢肌の改善法(乾燥肌の場合)

加齢肌の症状の中でも、乾燥肌は比較的容易に改善しやすいほうの症状でしょう。
加齢によってお肌の水分量が減少してしまうことが一番の原因ですので、水分をたっぷり補ってあげることで改善されます。
しかし、実際にはそのように口でいうほど簡単なことではないのも事実です。
水分をたっぷり補ってあげても、その水分を肌の内部に保つことがなかなかできないのが加齢肌の実体でもあります。
ですから、乾燥肌も一朝一夕に改善するものではないのですが、シワやタルミなどにくらべると比較的、容易だということです。
ただ、乾燥肌はそのままにしておくことで、小ジワが出来やすくなり、小ジワがたくさん出来ると、やがてそれらが深いシワとなって刻まれますから、乾燥肌も早めの対処が肝心です。
お肌の水分量を増やすものとして人気があるのがヒアルロン酸やセラミドですね。
ヒアルロン酸は、もともと人間の体内に存在する成分ですから安全なものです。
しかし、これもやはり加齢とともに減少してしまう成分ですので、化粧品やサプリメントで補うことが必要となってきます。
また、加齢による乾燥肌は、水分やヒアルロン酸、セラミド、皮脂などの減少によるものが多いので、若いころの乾燥肌とはまた違ったものでもあります。
ですので、基礎化粧品として、アンチエイジング用の保湿用化粧品を使用すると良いでしょう。
さらに美容液などでヒアルロン酸やセラミドを補い、乾燥の度合いによっては、サプリメントも必要に応じて使用してみてください。