加齢肌の改善法 > 加齢肌の改善法(毛穴トラブルの場合)

加齢肌の改善法(毛穴トラブルの場合)

加齢肌の中でも改善に時間がかかるもののひとつとして、毛穴のトラブルがあります。
しかし、時間がかかると言いましても、改善が不可能であるということではありません。
お肌のターンオーバーも、若いころに比べればかなり遅れてはいますが、それでもターンオーバーされている以上、適切なケアがなされていれば、徐々に改善されてくるものです。
加齢肌の毛穴トラブルのほとんどは顔のタルミが原因となっていますから、まずはタルミのほうに目を向けることが大切になってきます。
もちろん毛穴の開きの原因には、若いころと同じように皮脂や汚れをほおっておくなどもあげられます。
しかし、今回は、加齢による毛穴トラブルがメインですので、これらはきちんとクリアしているという前提で話を進めてゆくことにしましょう。
加齢肌の毛穴の多くは、帯状毛穴になっています。
本来は円形であるはずの毛穴が、肌のタルミによって楕円形になり、隣り合った楕円の毛穴同士が連携をなしているものを帯状毛穴と言います。
肌全体のタルミを改善することで、帯状毛穴も改善することができます。
タルミの改善には、エステティックサロンでのプロによるマッサージが最適だと思いますが、それを毎日続けることは難しいでしょう。
ですので、ご自分で出来る対処法として、シワと同じように、肌のハリをもたらし、しっかりと支えてくれるコラーゲンやエラスチンを補うことが重要になってきます。
また、近頃では毛穴専用の化粧品も発売されていますので、そういった化粧品を積極的に使用してみるのも良いと思います。