加齢肌の改善法 > 加齢肌の改善法(吹き出物の場合)

加齢肌の改善法(吹き出物の場合)

加齢肌の症状のひとつである吹き出物は、若いころのニキビとはまったく異なる理由でできてしまうものですから、これもまた、困ったものですね。
加齢による吹き出物は、皮脂の分泌が若いころに比べて大幅に減少し、乾燥してしまうことが原因となります。
さらには、皮脂だけでなく、細胞間脂質であるセラミドやヒアルロン酸、天然保湿因子などの保湿成分も低下してくることが拍車をかけます。
若いころのニキビは、皮脂の分泌が活発すぎることが原因である場合がほとんどですから、乾燥肌になることで吹き出物ができてしまうというのは、一見、不思議な感じがするかと思います。
しかし、お肌のシステムから言いますと、お肌が乾燥すると、水分量を上げようとして皮脂腺の活動が活発になるわけです。
それで、皮脂分泌が増加することになるのです。
お肌のほうは乾燥していますから、角質部分が硬くなっており、さらに毛穴がつまりやすい状態になっているので、そこへ皮脂が多く分泌されるとなると、吹き出物が出来やすいお肌になってしまうということです。
ですから、年をとると乾燥肌だからといって、吹き出物に関しては安心できないということになります。
また、乾燥肌はお肌のバリア機能を弱めてしまいますから、細菌などに感染しやすい状態になってしまうということも原因です。
要するに、吹き出物を作りたくなければ、乾燥肌にならないように気をつけることが一番の近道ということになります。
加齢肌の症状のほとんどに言えることだと思いますが、複数の原因がかさなることによって、症状が出来やすくなるわけですね。
加齢による吹き出物も、例外ではありません。