加齢肌の改善法 > 加齢肌の改善法(小鼻の黒ずみの場合)

加齢肌の改善法(小鼻の黒ずみの場合)

加齢肌のさまざまな症状は、若いころのお肌のトラブルと変わらないものがほとんどです。
しかし、その原因となるものは全く異なっていますから、当然、その対処法も異なります。
小鼻の黒ずみなども、そのひとつですね。
加齢肌の場合の小鼻の黒ずみは、ターンオーバーの遅れや毛穴の開きが原因ですから、改善法としては、毛穴のお手入れと、新陳代謝を活発にすることが第一です。
毛穴は、その中に詰まった汚れをほおっておきますと、すぐに黒ずんできてしまうものです。
ですから、しっかりとしたクレンジングや洗顔は、いくつになっても、大事なことです。
また、毛穴の開きそのものは、加齢による細胞の収縮が原因であるほかに、お肌の水分不足が原因となって起こりますから、普段のお手入れも重要になってきます。
年をとるほどに、普段のお手入れをおろそかにしていませんか。
もう、年だから・・・などとあきらめずに、年をとるほど熱心にお手入れをしてください。
そうすることで、加齢肌の症状を遅らせることができるのですから。
とくに、朝晩の基礎化粧品でのお手入れの際に化粧水でたっぷりと水分補給してあげることで、乾燥はやわらぎ、小鼻の黒ずみは徐々に消えてゆくはずなのです。
指で無理矢理に押し出したりせずに、まずは水分補給をしっかりとしてあげてみてください。
また、はがすタイプのパックは、加齢肌の方にとって、汚れが取れるより以前に乾燥肌になりやすいので、やりすぎないことです。
また、新陳代謝が活発になるように、ぬるま湯で洗顔した後に冷水ですすぐなども効果的です。