加齢肌の改善法 > 加齢肌の改善法(目の下のクマの場合)

加齢肌の改善法(目の下のクマの場合)

目の下に目立つクマもまた、加齢肌の症状のひとつです。
そして、この症状も年齢に関係なく出る症状でもあります。
たとえば寝不足や、疲労によっては、10代の方々であっても目の下にハッキリとしたクマが表われます。
しかし、加齢肌の症状のひとつであるクマは、非常にやっかいなことに、頬の筋肉のタルミが大きな原因となっています。
そこへ、血行不良や、小じわによる細かい影なども重なって、ハッキリクッキリとしたクマになってしまうのです。
クマを作らないためには、タルミの予防がもっとも必要なことですが、たるんでしまったからといって諦めることはありません。
まずは、血行を良くするために出来ることをしてみましょう。
洗顔後にぬるま湯と冷水で交互にすすぎをすることなども良いでしょうし、蒸しタオルと冷たいタオルを交互にあててみることも効果的でしょう。
また、フェイシャルマッサージも非常に効果的です。
しかし、マッサージは自己流の場合には、かえってタルミやシワの原因になることも多いので、できることなら、エステティックサロンなどでプロにやってもらうか、または、書籍やインターネットなどでマッサージのやり方を簡単に勉強してからのほうが良いでしょう。
このごろは、マッサージのDVDなども出ています。
また、タルミ改善のためには、顔筋を鍛えるなどのフェイストレーニングも効果的です。
そのようなトレーニングに関しても、書籍やDVDなどが出ていますから参考になさってみてください。
そして、血行を悪くすることは、できるだけ避けるように気を付けてください。
たとえば、睡眠不足や、極端なダイエット、喫煙などですね。
目の下のクマが改善されることで、老け顔や加齢肌がかなり改善されたように感じることと思います。