加齢肌の改善法 > 加齢によるシワ

加齢によるシワ

年齢を重ねることによって、お肌にはそれまでと違ったさまざまな症状が表われてくるわけですが、シワも加齢肌の避けられない症状のひとつです。
年を取ってきますと、お肌のハリを保っているコラーゲンやエラスチンなどが減少してきますし、みずみずしいお肌を保つための水分量も減少します。
そうすると、お肌のハリが失われ、重力に負けてたるんだり、シワになったりするのです。
そのような自然現象に加え、長年の間、お肌に当ててきた紫外線の量なども影響してきますし、喫煙の習慣があるかどうか、さらには睡眠時間の量など、さまざまな要素が加わってシワの量や程度が決まってきます。
また、普段の表情のクセなどもシワには大きく影響を与えます。
つまり、シワの原因になるものは、加齢による自然現象的なものと、長年にわたる生活習慣であるということになりますね。
しかし、加齢による自然現象的なものは、仕方がないとしても、生活習慣のほうは自分の意思で変えることが出来ます。
そうすることによって、シワが深く刻みつけられるのを遅らせることが出来るというわけです。
加齢によるコラーゲンやエラスチンなどの減少や、水分量の減少に関しても、現在では優秀な化粧品やサプリメントがたくさん発売されていますから、それらの助けを借りることが出来ます。
そのように、全てを加齢のせいにせずに、自分自身でシワを作らないようにケアしていくことが非常に重要でしょう。
加齢肌は、早めることも出来ますし、努力によって遅らせることもできるのです。