加齢肌の改善法 > 加齢による吹き出物

加齢による吹き出物

ニキビや吹き出物などのトラブルと聞きますと、一般的には若い方々のお肌の悩みのように思ってしまいがちですが、実際のところは、そうでもありません。
加齢肌のひとつの症状として、吹き出物や、大人ニキビと呼ばれるものがあります。
もちろん、若い時分には皮脂の分泌が活発ですから、ニキビや吹き出物が出来やすいのは確かなのですが、ある程度、年を取って皮脂の分泌がそれほど活発ではなくなったとしても、吹き出物は出来てしまいます。
洗顔が不十分なままであったですとか、食生活が乱れていたですとか、睡眠を充分に取っていなかったなどのように、吹き出物にもさまざまな原因があるのですが、とくに加齢ということに絞って原因を探ってみますと、大きな原因としてターンオーバー(新陳代謝)の遅れがあげられます。
加齢することによって、肌のターンオーバーが遅れるなど若いころのようにスムーズにはいかなくなってしまいます。
それにより、皮膚や毛穴に残ってしまった古い角質が、皮脂や汚れなどと混ざり合い、毛穴が詰まってしまったところへ、さらにアクネ菌などの影響で炎症が起こってしまうというわけです。
しかし、ターンオーバーの遅れは、加齢という自然現象によるものなので、そう簡単に早めることが出来るものでもありません。
化粧品などの助けが必要ですし、洗顔を充分にしてその日のメイクや汚れを完全に落としておくなどの最低限の注意を怠らないようにしたいものです。
結局のところ、吹き出物そのものよりも、ターンオーバーが遅れること自体が加齢肌の症状のひとつであるとも言えますね。