加齢肌の改善法 > 加齢による小鼻の黒ずみ

加齢による小鼻の黒ずみ

加齢肌と呼ばれる肌の症状は、実に広範囲にわたります。
小鼻の黒ずみも、その一つです。
若いころから、小鼻の黒ずみに悩む女性はけっこう多いのですが、年をとるとともに、さらに増えていくのが現状です。
ということは、やはりこれも加齢肌の症状のひとつとしてあげられるものでしょう。
小鼻が黒ずんでくるということは、要するに、小鼻の毛穴に汚れがたまってくるということですが、これには、毛穴の開きもかかわってきます。
毛穴の開きは、加齢によって肌のハリが無くなってゆくため、徐々に毛穴が開いてくるものです。
それで、その開いた毛穴に皮脂や汚れがたまりやすくなってしまうのです。
また、毛穴が開いたところに皮脂や汚れがたまってしまうと、普通の洗顔だけではなかなか落ちにくくなってしまいますね。
落ちないところへ、さらに化粧品やメイクを重ね塗りしてゆくことになってしまいます。
それも、小鼻の黒ずみを助長する大きな原因になってしまいます。
さらに、洗顔のしすぎや、お肌の乾燥などによって水分量が極度に低下してしまうことも原因になります。
お肌の水分量は、非常に大事なもので、それが低下することにより角質部分が厚みを増し、毛穴の出口が角栓でふさがれてつまりやすくなるのです。
ですから、年をとってきたなら、それまで以上にお肌に水分を与えることが重要ですし、さらに、小鼻の部分は忘れずにたっぷりと水分補給をしてあげましょう。
加齢肌の症状でも、努力によって改善していくことが可能です。