加齢肌の改善法 > 加齢によるクマ

加齢によるクマ

目の下に出来るクマも、顔を老けさせて見せるやっかいなものですね。
このクマも、さまざまな原因がありますが、やはり加齢肌の症状のひとつでもあります。
若い方の場合のクマは、寝不足であったり、疲れであったり、ストレスであったりします。
それにより、血行不良がおこり、目の下がうっ血してしまうわけです。
それに対して、加齢によるクマというのは、肌のタルミが大きな原因となっています。
頬の筋肉が弱ってタルんできますと、その分、目の下にくぼみが出来るようになります。
もともと目の下の皮膚は非常に薄く、透けやすいのですが、加齢によってさらに薄くなり、そこへタルミの拍車がかかることで、クマはよりはっきりと濃く見えるようになってしまいます。
ですから、年をとってきたのなら、せめて睡眠をしっかりととったり、疲れをためないようにしないといけません。
また、クマが目立つようになりたくなければ、タルミが顕著になる前からコラーゲンやエラスチンを補給するなどのケアが必要です。
タルミさえなければ、目の下にくぼみが出来ることはありませんから、クマを薄くすることはそう難しいことではないのです。
目の下のうっ血だけでしたら、血行を良くするマッサージやサプリメントなどで対処することが可能です。
吹き出物の場合もそうですが、クマに関しても、加齢によるものが原因の場合と、他の原因によるものが考えられます。
そして、クマが目立つことによって、さらに老けて見えるという悪循環に陥るわけです。
加齢肌の症状であるクマの場合には、まず、血行を良くすることと、タルミを改善するところから始めてみてください。