加齢肌の改善法 > 加齢によるソバカス

加齢によるソバカス

加齢肌の症状としては色々とありますが、ソバカスもそのひとつです。
ソバカスは一般的に生まれつきのものですとか、子供のころから自然にできるもののように思われているようですが、そのほかに加齢によって出来ることもあります。
しかし、年をとることが直接的な原因であるというよりも、長年にわたっての紫外線の照射が原因と言ったほうがいいかもしれません。
それに加えて、やはりターンオーバー(新陳代謝)の遅れなどがあり、メラニン色素が定着してしまうということになります。
ターンオーバーが正常に働いていれば、メラニン色素が多少出来たとしても次々に剥がれ落ちてゆき、新しい細胞が出来て来るのですが、遅れるあまり、ソバカスとして定着してしまうことになります。
そういう過程を考えて見ると、やはり加齢も原因のひとつであることになりますね。
加齢によるソバカスは、シミと同じような原因で出来あがり、定着します。
一種のシミと言ってもよいでしょう。
しかし、加齢肌の他の症状を見てみてもわかりますように、単に年をとるということだけが原因なわけでなく、年をとることで、紫外線を浴びる時間が長くなったということも、加齢肌の症状に拍車をかけているということがわかると思います。
紫外線というのは、それほど肌に影響を与えるものですので、加齢肌の症状を出来るだけ遅らせるためには、紫外線を避けることが非常に重要ということになります。
今日からでも、さっそく対策を始めましょう。